2人の女性

見た目の印象を決めてしまうクマを治す方法とは

パッと明るい顔色に

笑顔のレディー

健康的で規則正しい生活を

クマを治すには、血の流れに気を配りましょう。血流は、皮膚の薄いところから透けて見えるものです。顔の中でも皮膚の薄い目の下からは、いつも血流が見えています。顔は身体の中で最も注目される部位だと言えます。それだけに血流が滞っていたり、血液のサラサラ度が足りない場合に、青や黒のくすんだ血流がクマとなって目立ってしまうのです。血の流れを最も妨げる原因は、睡眠不足と栄養の偏りです。睡眠不足は休養不足でもあり、血に十分な酸素が行き渡らない酸欠状態と言えます。そのような血はどす黒く見え、それがクマの原因となるのです。また、栄養の偏りも健康な血を作る妨げとなり、どす黒く見えてしまいます。つまりクマを治すために最も重要なことは、健康的で規則正しい生活を送るということでしょう。

色素沈着と整形手術

睡眠不足や栄養に偏りがあるわけでもないのに、クマが治らないことがあります。その場合、原因は他のところにあると考えられるでしょう。まず、メイクが十分に落ちずに色素沈着を起こしている場合です。またアレルギーなどで目の周りを掻く癖のある人は、それが色素沈着になることもあります。その場合、最も地道なのは美白化粧品を使用することでしょう。あくまで色素を薄くするような努力が必要です。このような茶色いクマではないのに、治すことのできないクマもあります。考えられるのは、加齢などによって目の下の皮膚が痩せたということです。それがくぼんで見えて、影を落としている可能性があります。このようなクマを治すためには、整形手術が良いでしょう。整形手術とは言え、目の下にふっくらする成分を注射するだけなど、手軽なことが多いようです。注入後もすぐ帰宅ができますが、当日の入浴やメイクは控えるなどの注意点もあります。専門の医療機関に相談してみましょう。